水のトラブルで多いワンレバーの蛇口

最近はどの家庭でもワンレバータイプの蛇口が増えてきました。手がふさがってしまうような状況でも簡単に扱えるところが普及のポイントです。掃除がしやすく、汚れもつきにくい反面、故障しやすい蛇口であり、水のトラブルにもつながっていくことがあります。

■まずは止水栓から

水漏れが起きてしまいやすいのは、ワンレバーは構造的に破損しやすいからです。ハンドルが自由に動く代わりに、力が入りすぎて破損してしまうこともあります。抜けてしまうようなことも珍しくありません。
もしもこうした水のトラブルが起きたとしても、焦らず止水栓を締めて対応を始めましょう。水が漏れてきた状況は、そのままにしても回復することがないからです。

■分解して構造を確認

ワンレバー混合栓は、自分で分解してみるのもいいでしょう。取扱説明書がついていることが多いので、構造も説明書を見れば理解できるようになります。メンテナンスにもつながっていくため、一度は構造を考えてみると、水のトラブルが発生した時にも簡単に対応をすることができるでしょう。ハンドルが硬くなってしまって、うまく操作できないようなときには、内部にさびがついてしまっているような状況です。さびを除去してしまえば、素直に動くようになります。
ワンレバーの大きな問題は、レバー部分がとにかく弱く、弱点となりやすいところにあります。故障しやすい部分にもなってくるため、構造をよく理解しておくといいでしょう。ただし、どんな時でも焦らずに進めることが重要であり、落ち着いて対応を始めていかなければいけません。専門業者に依頼をするときにも、まずは止水栓を締めてからにすることが大切です。

■まとめ
構造が分かるとメンテナンスもできるようになっていきます。逆に知らなければ、トラブルになっても対応が遅れてしまうことになるでしょう。その分被害を発生させることになるため、まずは止水栓の位置から頭に入れておくことが、何かあってもスムーズに対応できるポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ