風呂の水のトラブルになるかもしれない入浴剤

日常の疲れを取ることを考えても、風呂は重要な意味を持っています。しかし、機能が高まるにつれて、細かな水のトラブルも出てくるようになっています。特に入浴剤に関わるトラブルは、相性を考えておかなければいけません。

■入浴剤が引き起こす水のトラブル

疲れを取るために、香りをつけたりすることは効果的です。湯船に入浴剤を入れて楽しむというのも、風呂の良いところでしょう。しかし、これが原因で水のトラブルに発展することがあります。中には劣化を早めてしまうこともあるため、十分な注意をすることが必要です。
その一つが、24時間給湯装置がついているような例です。入浴剤との相性が悪いのは、一部で水を貯めこんで循環するからです。そうなると、大きな水のトラブルにつながることも出てくるため、入浴剤は使用できないとしていることがあります。スギやヒノキといった高級木材を使っているときにも、シミができたりするので避けた方がいいでしょう。

■お湯は張りっぱなしにしない

入浴剤を入れた後、できるだけ長く使いたいといった人もいます。基本となってくるのは、入浴が終わったらお湯は貯めておかないということです。どんなにきれいにしてから入っても、必ず汚れが溶け込んでいます。この汚れに雑菌が繁殖することになり、清潔になるための浴槽が雑菌まみれになって非衛生的な状況になってしまいます。
24時間循環できるような場合には異なりますが、使用後のお湯は流して終わりにすることが大切で、清掃もしておく必要があります。これが水のトラブルを避ける第一歩になるでしょう。

■まとめ
風呂のトラブルは、避けられる方法がいくつもあります。注意しておくだけでも違いが出てくるため、確認を怠らないことが大切です。特に入浴剤は取扱説明書を見るだけで判別することができます。給湯器 交換しなければならない事態を避けるためにも必要になってくるので、必ず目を通して利用をするようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ